審査に通るためのコツ

審査に通るためのコツ

カードローン審査を通るためのコツを知っておきましょう。

 

☆「嘘偽りは絶対ダメ」
自分を良く見せるために、事実とは違ったことを騙るのは絶対にダメです。嘘をつく人を信用することは出来ませんからね。
「信用情報機関」という個人の情報を管理する団体があります。ここには個人が過去に借り入れた情報が管理されています。
借り入れた金額や返済状況、滞納の有無など事細かに管理されています。
カードローン会社はお客からローンの申し込みがあった時に、この信用情報機関を使ってその人の情報を調べます。
そこで、申告と違う内容が発覚したら、嘘をつく人とされ審査を断られてしまうことでしょう。

 

また、「在籍確認」というのも行われることがあります。勤務先情報は偽りではないのか直接勤務先に電話をしてきて確認を取るというものです。
カードローン会社の名前は出さず、個人名で確認してくるのでカードローンを申し込んだことがバレることはありません。そこは安心して下さい。
このようにして信用できる人かどうかを調べてくるので、審査を無事に通るためには絶対に嘘偽りを申告するのは止めましょうね。

 

☆「固定電話を持つ」
最近では固定電話を持たずに携帯電話だけの人も多くなりました。
ちょっと昔までは固定電話を持っていないと審査に通らないことがありましたが、最近では携帯電話だけでもOKな場合もあります。
しかし、やっぱり固定電話を持っている方が審査では有利になります。出来ることなら固定電話を持ちましょう。

 

審査を通るために一番大切なのは、信用できる人間であるということをアピールすることです。
人間性も見られていると意識し、紳士な態度で申し込むようにしましょうね。